KPMとは

ケネディクス・プロパティ・マネジメント(KPM)とは

KPMの「みるチカラ」

みる・・・見る、視る、観る、診る、鑑みる、顧みる・・・
「みる」カタチは、数えきれないくらい多様です。

KPMは、「みるチカラ」を鍛え抜いた集団だと自負しています。
私たちの「みる」対象は、都市・不動産市場・経済動向・ビルの安全と
健康・各種インフラ・働く人の意識・流行やトレンドなど、広範に拡がっています。

KPMの強みとして

その中でも、不動産の価値や潜在的成長性を「みるチカラ」は、
幅広いオーナーのみなさまから多大な信頼を頂いている強みのひとつです。
KPMは、もっと自由闊達に「みるチカラ」を強め高め、
より適切なご提案と実務能力でPMの新次元を切り拓いてまいります。
KPMの「みるチカラ」に、どうぞご期待ください。

事業視点

不動産運用は、ずばり“市場価値の向上”がメインテーマです。
KPMは“市場価値の向上”にフォーカスし、
市場の動向や投資対効果などあらゆる観点に立ち収益性を高めます。

不動産価値の向上

リニューアルやリーシングなどのPM業務の一貫した運営管理がプライドです。
100棟超のビルと向き合って育んだセンスで、
ビルの内外と周辺環境の調和を第一に、機能の向上をはかります。

愛されるビルへの追求

ビルはテナント様や地域、社会にとってどうあるべきか・・・
その公益性を追求して、ビルの真の価値が観えてくることがあります。
KPMは、コミュニティづくりの観点からPMの未来を追求します。

KPMが切り拓く未来

都市空間の未来をみる。
未来志向を強めて新しい波を乗り越えます。